読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WE ARE Perfumeを見てきた

アイドル 見てきた

 それもわざわざ本厚木まで行って。

 公開期間中に都心で見なかったのは、その頃ちょっと精神的に参っていて、心を動かすことがしんどそうだったからだ。その上で東京ドームでも武道館でも横浜アリーナでも、なんならポリリズムのサンシャイン噴水広場でも泣いてきた私なので、とにかくちょっとしんどそうだな、と思ってしまったのだ。

 そんで見た。一番の感想は「相変わらずだなあ」というかんじだった。本当に相変わらずだった。あの頃となんにも変わらずに、でもはるかにプロフェッショナルで、きれいなお姉さんになった3人がそこにいた。「相変わらずだなあ」と思いながら泣いてしまった。「すごいなあ」って。本当にすごい。本当にすごいなあ。

 私が初めて彼女たちに出会ったのは彼女たちがまだ中3の頃だった。亀戸サンストリートも今はもうないんだっけ。とにかくそういう小さなステージに3人がいた。今見れば垢抜けない女の子たちなんだけど、踊りが本当にすごくて、キレッキレで、機械仕掛けのお人形さんみたいだった。出会ってから1年くらいして、2005年1月に取材の機会があった。もう10年前の話だからしてもいいよね。

「ザ・プレイステーション 400号」で「どこでもいっしょ」のトロたちとグラビアに出てもらったのだ。ちなみにこのザプレは最終号で、特別なグラビアだった。当時のトロは「めざましテレビ」にレギュラーを持っているような存在だった。そしてPerfumeはメジャーデビュー前。そのトロというアイドルと一緒に出てくれる女の子のアイドルいないかな、という打ち合わせで、私はカバンの中に入っていたチラシを出してPerfumeを薦めた。とんとん拍子に彼女たちの採用が決まり、外ロケメイン、控え室はなんと我が家、という今にして思えばウソみたいな取材だった。取材に挑む彼女たちは、今回の映画で見たときと大して変わらなかった。3人でいればきゃあきゃあと笑い、しゃべり、カメラを向けられれば真剣に対応する。そういう3人だった。

 ライブでもおんなじだ。10年間、Perfumeのライブをずっと見てきた。のっちが振付間違ったところでめっちゃ笑った。相変わらずだ。あ〜ちゃんが感極まっちゃうところも、静かにたたずむかしゆかも、たぶんほとんどおんなじ。でも全然違う。彼女たちが駆け上がった10年、私なにしてきたんだろうってちょっとだけ思いながら、がんばらないとなあって思いながら、でも結局はそんなことどうでもよくなって、とにかく彼女たちが美しくてすばらしくてかっこよくて泣いた。

 すごいね、あ〜ちゃん