ワクチン2回目打ってきた

モデルナワクチン2回目を先週接種してきました。 接種の流れは前回と同様ですのでひとつ前の記事をご覧ください。ワクチン1回目打ってきた - しあわせなじかん、とか あと日付じゃなくて接種からの時間で記録した方がいいのかなあと思って両方書いています。…

ワクチン1回目打ってきた

ご縁をいただいて、職域接種でモデルナワクチン1回目を受けてきました。副反応の話はたくさん出てますけど、ほんと人それぞれみたいなのでまとめておくとこのあと受ける人の役にちょっと立つ気がしますので書いときます。 ●接種前インターネット情報見て、素…

嫌になってしまった

この国のことが嫌になってしまった。 10年前、東日本大震災の後、海外に移住することを選んだ友人に、私はそれでもこの国で生きていくとそう思った。そのつもりでなんとかやってきたつもりなのに、なんだか昨日今日ですごく嫌になってしまった。それでも生き…

右とか左とか最初に言い出したのは誰なのかしら

左右ってすごく大事じゃないですか。ちなみに私はとっさに左右がわからないタイプです。 政治の話をします。以前「(特に著名人が)意図して政治的発言をしないということは、すでにそれが政治的な立場である」というようなニュアンスの言葉を読んで、それは…

都議会議員選でしたね

意見が違っても、政治信条が違っても、友達にはなれるよ、という前提をまず書いておきますね。 投票にあたっては、課税からコロナからオリンピックからいろんな議題を見たんですけど、最終的にはそこにプラスしてジェンダーフリーをあげてきた戸谷英津子さん…

突発性難聴の話

春頃のこと、左耳がほんのり痛かった。あれは春の嵐の夜だった。目覚めて左耳が塞がった感覚で全然治らない。突発性難聴はスピード勝負だと聞いていたので即耳鼻科に行ったら左耳の高音域が聞こえなくなっているようだった。 発症から3日目まではなんとか動…

書く文章より喋ることがおもしろい

書いてる文章より喋っていることがおもしろい、と先生に言われたのは小学5年生の時だった。 その日私は放課後教室に残されていた。といっても居残り勉強ではない。自慢話だと思って読んでくれればいいが、横浜市の小学生の代表として私は横浜こども平和委員…

とりあえず1ヶ月

とりあえず1ヶ月粛々と更新してみた。 1ヶ月の間に1回だけアクセスが爆発し、通常の100倍くらいのアクセスがあったが、他は大体フェミ系の話題がちょっとアクセスが多くなるな、程度で自分の文章の話題になり方としては体感に合っている。その後別にアクセス…

2020年観劇すべて

2021年前半の観劇をまとめていたら、2020年を忘れていたことに気づいたのでまとめとく。抜けがある気がする。 1月 『阿呆浪士』@新国立劇場中劇場 ミュージカル『天国の本屋』@よみうり大手町ホール/サンケイホールブリーゼ URAZARU『ストリッパー物語 青』@…

7ヶ月ぶりの大阪出張

なんと7ヶ月ぶりに大阪に出張して講師をやってきました。正式なGOサインが出たのは出張前日の月曜日、緊急事態宣言の解除日でした。もちろん前週から解除されるであろうと準備はしてました。前乗り2日間90分6本勝負です。特に1年次の授業では、初回の対面! …

腰痛の日曜日

クシャミからギックリしてしまいトイレで用を足すのも難儀する程度に腰が痛い上に土曜日に発症してしまったので、病院にも行けず、しかし動けないほどではなく、人生がなにもかも嫌になっているところである。(前回までのあらすじ) 人は体調が悪かったりど…

くしゃみ注意

洗濯を干しながらくしゃみをしたら、ピキーンときてそのまま動けなくなってしまった。腰を痛めたことは人生の中で数回あるが、ぼんやり痛むパターンと今回のように突然やってくるパターンがある。この突然パターン、多分疲労が溜まっていたということだろう…

結婚しなくていい(2)

1つ前から続いてます。 とはいえ、結婚しなくてもいい話と経済力の問題は大きい。そしてこの国で女性は男性より賃金が低い。 woman-type.jp さまざまな要因があるだろうが、男女雇用機会均等法以前の時代の価値観が続いているということだ。結婚して男性が…

結婚しなくてもいい

この年齢になって強制的にこどもを産まない(産めない)ことなったのは気が楽だ、と書いた。ところで「結婚しなくても幸せになれる」という記事を見かけ、そりゃそうだろうと思う。結婚することが幸せという価値観よ! しかし男女問わず「結婚はしたくないけ…

あなたの好きなラーメンは?

突然好きなラーメンの話をしますが、あなたはどんなラーメンが好きですか? ラーメンってお店によって味が全然違うじゃないですか。場合によってはラーメンとはなにか、スープの中に小麦かんすい麺が入ってればラーメンなのか、みたいなところに立ち尽くした…

あたりまえのことを書く

友人の作家が言っていたのだが、エッセイとは当たり前のことを書くのが大事らしい。少なくとも自分が当たり前だと思っていることを書く、ということだが、それにより共感されたり反発されたりするものだそうだ。当たり前とは人それぞれだし、自分がちょっと…

仲西環のこと

仲西環のことを急に思い出したとツイートしたら、仲西さんのことを書いてくれとお仕事の先輩に言われた。出会ったのはもう20年以上前のことだ。 その頃、私は沖縄にいた。ゲーム雑誌編集部をやめて、どっかに行きたくて沖縄に行った。20代前半だ。あの頃の私…

選ぶ選ばれる 6/21

なんとなくいつも自分は選別される側だと思っていたのだが、気がついたらどちらかというと選別する側になっていた。これもまた年寄りになった話である。 もちろん私個人は仕事の場では相変わらず選別されている。その上で大して仕事の能力がないからなかなか…

普通という理想 6/20

もはや私は自分があまり普通ではないことを知っているが、普通とは永遠の課題である。そもそも普通とはなんなのかと考えると、世の中に普通なんてものはなく、普通という理想があるだけではなかろうか。 国勢調査による平均値がどこにあるのかは知らないが、…

肩書き問題 6/19

著名人の肩書きに怒っている人をネットで見かけたのだが、肩書きって自分でつける場合もあるけれど、案外TPOで変わってくるものだから難しい。 たとえば私はTwitterに「ライターと名乗りたい大体小説家だが株式会社チクタク代表取締役」と書いているが、まさ…

エゴサーチ 6/18

皆さんエゴサしてますか。といっても、売名商売じゃないとなかなかエゴサはできないので、誰に呼びかけてるんだという話だが、私は割とエゴサをするタイプである。 その昔、まだTwitterなんてなかった頃、自分のことを検索するのは首を絞める行為だからやめ…

46歳女は産まない 6/17

この数年でゆっくりと楽になり続け、46歳になって圧倒的に気持ちが楽になったことがひとつある。それはこどもを産まないことがほぼ確定したということだ。もちろん同世代でがんばっている人たちもいると思う。でも少なくとも私はこどもを産まなかった女とし…

46歳の目標 6/16

46歳になりました。正直なところ自分が46歳ってびっくりするんだけど、どうなんでしょう、世の中の46歳。独身女性46歳の平均が全然わからない。いや独身男性の46歳も全然わかんないけど! 相変わらずおたくで、相変わらずバカなことではしゃぎ、相変わらずく…

フワフワの服 6/15

フワフワした服が苦手だ。ヒラヒラした服というか、フリルというか、リボンというかそういう服が苦手である。といっても見る分には苦手ではない。着るのが苦手なんである。ついでにスカートもあんまり得意ではない。シンプルな服が好きなのかというと、派手…

痩せねば 6/14

痩せたい、ではない。痩せねばである。 老化の話ばかりをしていて大変申し訳ないが、健康診断で血液が濁り始めた。中性脂肪値が高いというのは、濁り始めたということだろう。ついでに血糖値もあやうい。幸いにして肝臓の数値だけはめちゃくちゃ美しいが、人…

鉢がでかい 6/13

マスク生活をするようになって早1年、確信を持ったことがひとつある。それは私の頭の鉢がでかいということである。顔がでかいともいう。いや、帽子において薄々気がついてはいたのだが、自分の頭というか顔がでかいなんてことに気づきたくなかった。 なんと…

14歳と性交 6/12

「50歳と14歳が同意(の上)性交して、捕まるのはおかしい」という発言は未成年をなんだと思っているんだろう。一応撤回されたようですが、14歳が性交することは罪ではないが、50歳と14歳が性交したらそれは50歳の罪ですよ。同意があったとしても、50歳が14…

年寄りの私 6/11

いやー歳取ったな、と思うことがあった。毎日大体歳取ったな、とは思ってるんですけど、若い人と接してそう思うことがあった。しかし若さ故の勢いというものは絶対あるし、大事だと思う。そういう意味で若い人には絶対叶わない。だって私も若かったことがあ…

えいとはんどれっどらい 6/10

ここ数日更新しているカテゴリタグeight hundred lieってなんだと聞かれたので答えると、昔やってたblogのタイトルです。いや今も残ってますけど。正しくはhundredsな気もしますがそのまま読んでもらえればそのままの意味です。そんな英語はありませんが。そ…

河合くん売れたよね(6/9)

今年に入ってからおたく系の友人によく「河合くん売れたよねえ」と言われる。河合くんのおたくであるところの私はヘラっと笑って「売れましたねえ」と答えてなんとも言えない複雑な気持ちになる。 そうなんですよ、河合くん売れてるんです! すごいでしょう…