突発性難聴の話

春頃のこと、左耳がほんのり痛かった。あれは春の嵐の夜だった。目覚めて左耳が塞がった感覚で全然治らない。突発性難聴はスピード勝負だと聞いていたので即耳鼻科に行ったら左耳の高音域が聞こえなくなっているようだった。

発症から3日目まではなんとか動けはするが、耳鳴りと耳の詰まってるかんじが思ったより不自由で、全然考え事ができずお仕事はほぼおやすみして寝ていた。
4日目は目覚めた時から左耳の雰囲気がいい方に違って、おうちで仕事に集中できるくらい(ただし耳の中で小人が掃除機をかけている)に元気になって、しかしやっぱり聞こえづらい。

さらにどうも左目の具合が悪い。痙攣を感じるので、眼科に行ったら診察前の検査で視力が両眼昨年9月の健康診断より0.2落ちて0.5になっている。通りで舞台とTVが見えにくいと思っていました。メガネをおすすめされて診察して、眼球には異常なし。その夜急に掃除機の音が電子音に一瞬でかわって、ぐるんとめまいを起こしたら耳鳴りがいなくなった。

そして発症から3ヶ月。耳鼻科には初診から1回だけ行ったが、先生は「慣れる」と言っていた。確かに慣れる。しかし左側からの会話がどうしても聞き取りづらい。イヤホンを左右付け替えるとよくわかるが、聞こえてない音がある。これちゃんともう一度病院に行くか、専門医に行くべきなんだろうなあ。ただこれ生活の癖というものもあって、聞こえない時に聞こえづらい方の左耳を向けてしまうとか、つい友人の右を歩いてしまうとか、座り方とか、いろいろ難しい。久しぶりにコンサートに行ったら音がちょっとつらく耳がしんどいところがあった。音響がちょっと悪かった気もするが、やだやだ、コンサートなんだからできれば大音量で音を聞きたい。

ところで「ん? 地震?」ていうやつ、地震じゃなかったらめまいだってみんな知ってた? 私は知らなかったので、みんな気をつけましょう。