読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あゆみくりかまき@恵比寿リキッドルームを見てきた

アイドル 見てきた

 オープニングでざわあああああって本当に鳥肌が立って、そしてわーって涙が出てきた。でもこれを見逃したら絶対ダメだってそう思って、ただ涙を流しながら拭うこともせずにステージを凝視した。かっこよかった。ステージから伝わってくる気合い、そしてフロアの熱気、なんかもうとにかくすごかった。すごい! すごい! すごい! 3人ともすごい! かっこいい!

 アイドルの物語、なんて話はもうずっと語られ続けていて、今のあゆみくりかまきには確実に物語がある。どんなアイドルにだって物語はあるけれど、誰かに作られた物語じゃなくて、彼女が作り上げてきた物語、そこにもうひとつ作られてしまった物語が昨年末にあった。物語、なんて言葉で片付けていいのかはわからないけれど、でもそういう出来事、トラブルがあった。正直心配だった。 

 そして迎えた東名阪ツアー。この復活という物語。その上で今回のライブがあったとも思う。でも私の中で3人はそれを吹っ飛ばした。そういうライブだった。それを迎え入れるマタギ(※あゆみくりかまきのファンはマタギと呼ばれます)の皆さんの熱気よ!

 彼女たちのことは関西の森から降りてきた頃から知っている。ほんと誰も知らない頃から見てきた、と思う。ちょっとだけだけど。

 彼女たちを育てたのはまさしくステージの数々で、彼女たちの努力で、そしてマタギの皆さんで、スタッフの皆さんで、東名阪ツアーの最後、本当に本当にすばらしかった。とにかくかっこよかったし、アルバムに向けて気合いにみなぎっていた。

 今週から彼女たちのアルバムツアーが始まる。これはたぶんもしかするともしかするので、今絶対見ておくべきだと思う。いや普通にこれ東京ドームに行っちゃうんじゃないかな、って私思ったもの。

あゆみくりかまきがやって来る!クマァ!クマァ!クマァ!(初回生産限定盤A)

あゆみくりかまきがやって来る!クマァ!クマァ!クマァ!(初回生産限定盤A)

 

  この1月、私はアイドルに絶望する出来事があった。希望を抱いたりもしたけど、でも絶望したのだ。それから映画館で「WE ARE Perfume」を見て、そして挑んだこの1月末日「ボクらの熊魂2016〜チャーハン・シャケ缶・とーめーはーん!〜」のラスト、恵比寿リキッドルームだった。私この1月アイドルでどれだけ泣いたんだろう。

 神様、おたくの神様、アイドルの神様。この1月の終わりに私にあゆみくりかまきを見せてくれてありがとう。本当にありがとう。あゆみ、くりか、まきの3人も本当にありがとう。あんなステージ、他では見られない。本当にすばらしかった。

 私はアイドルを好きなままでちゃんといられそうです。